異なる

車買取相場は需給に基づいて価格が決定

以前は年式と走行距離でだいたいの買取価格が決まっていたのですが、最近はオークションが頻繁に開催されて中古車はこうしたネットワークから売却されていくことになるため、年式は古くなっても需要に対して供給が少なければ価格は維持されたり上昇したりする方向にあるのです。したがって、あらゆる車買取相場はこうした需給で決定される世の中になってきているのです。これはかなり大きな変化で需要と供給が価格を形成するというのはもっとも合理的な方法になってきているということができます。

業者によって買取価格はかなり異なります

こうした需給に基づく車買取相場が展開するようになっている中古車市場ですが、買取業者というのは買取したクルマを様々なオートオークションや専売店の流通チャネルに流していくため、その接するチャネルのニーズに合わせて買取車種や価格が変わってくることになるという特徴があります。したがって同じクルマでも異なる買取店に売却打診をしますとかなり異なる買取価格が提示されることになるのです。これはそれぞれのチャネルの車買取相場が異なるからで、北国で人気の車種と都会や南の地域で人気の車種がそれぞれ違うといったことからこうした違いがでることになるのです。したがってクルマの買取に関しては複数の業者に買取依頼をしてその査定額を比較検討してみることが重要となるのです。